店舗用物件の実勢価格、「南強北弱」が鮮明に

台湾の行政院(内閣)直轄6市における店舗用物件の実勢価格で、「南強北弱」の様相が鮮明になっている。2017年の実勢価格は、台北市が1坪当たり平均108万5,000台湾元(約399万9,300円)と3年連続で下落した一方、台中市や台南市など中南部は過去最高を更新した。4月30日付経済…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

5月の輸出額は同月最高更新 3カ月連続成長、従来型製品が好調(06/22)

テイクオフ:訪れた各地で地元の人に…(06/22)

鴻海、米TV大手ビジオに2500万米ドル出資(06/22)

TSMC、7・9ナノ生産能力が前年比倍増(06/22)

パネル各社3Qにも赤字に、群創顧問が懸念(06/22)

二輪車販売5月も停滞、前年同期比1.3%減(06/22)

米鉄鋼輸入制限、経済部「クオータ制で交渉」(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

台塑が高付加価値製品に注力、売上比率3割に(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン