エネ鉱省、再生エネの電力価格は変えず

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、再生可能エネルギー発電による電力価格を定める同相令『2017年第50号』について、現行のまま維持する方針を示した。同令は地熱、廃棄物発電以外の再生エネルギー発電に対し、各地域の電気料金設定の参照値である電力基本供給コスト(BP…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

首都公共バス、目標乗客数22%増の2.3億人(02/21)

北スマトラの港湾旅客ターミナルの改修完了(02/21)

エネ鉱相令、屋上太陽光発電の障害に(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン