緬政府、新空港計画で日本にODA要請

ミャンマーのタン・ズィン・マウン運輸・通信相は4月30日、ミャンマーを訪問中の秋元司国土交通副大臣に、最大都市ヤンゴン近郊で計画しているハンタワディ新国際空港の建設推進に向け、日本政府の政府開発援助(ODA)を要請した。

秋元副大臣は、港湾関連の行政手続きを電子処理する「港湾EDIシステム」の開所セレモニーのために、ミャンマーを訪れた。タン・ズィン・マウン運輸・通信相は、秋本副大臣との会談の中で、ハンタワディ新国際空港計画に触れ、日本のODAによる支援を要請。日本側は意向を受け止めたものの、政府関係者によると、現時点でODA実行に向けた調査などを行う計画はないという。

ハンタワディ新国際空港計画をめぐっては、日揮、シンガポールの土木大手ヨンナム・ホールディングス、チャンギ国際空港グループのチャンギ・エアポート・プランナーズ・アンド・エンジニアーズの3社で構成する企業連合が、2016年1月にミャンマー政府と建設計画で大枠合意していたが、1月末に合意が失効した。

ミャンマー政府が計画するハンタワディ新国際空港は、ヤンゴンの北東部約77キロメートルのバゴー管区に位置し、実現すれば年間1,200万人の利用が可能になる。22年の開業を目指し、日揮などの企業連合が正式受注に向けた調整を進めていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

汚職委、計画・財務相を聴取 報告書を近く大統領に提出(05/25)

〔寄り道〕ヤンゴンのシンボル、シュエダゴン…(05/25)

マンゴー「セインタロン」輸出、毎日10トン(05/25)

財政赤字補てん、中銀から520億円借り入れ(05/25)

パアン工業団地、投機目的の買占で開発遅延(05/25)

都市・住宅開発局、4大事業の推進に注力(05/25)

国内歳入局、申告納税制度を近く導入(05/25)

老齢年金受給、10月から85歳に引き下げ(05/25)

英上場のMSH、地場ITコンサルに出資(05/25)

政府、今後10年で60万エーカーの森林再生(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン