• 印刷する

アシックス、豪五輪チームのサプライヤーに

アシックスが、2020年開催の東京オリンピックに出場するオーストラリア五輪出場チーム・選手の公式サプライヤーになったことが分かった。アシックスとオーストラリア・オリンピック委員会(AOC)とのサプライヤー契約は、今年10月にアルゼンチンで開催されるユース・オリンピックから始まる。同社は、特定ブランドと契約していない出場選手に対し、競技ウエアやシューズ、競技外で着用する公式ウエアを提供する。【NNA豪州編集部】

アシックス・オーストラリアの関係者は契約額についてNNA豪州に対し「契約条件により公開できない」としている。

AOCは4月28日に、アシックスから、東京オリンピックに参加する選手と役員約800人のウエアや靴などの提供を受けると明らかにした。

コーツ会長は発表した声明の中で、昨年12月に日本を訪問した際にアシックスとの契約について話し合われたとしている。

AOCによれば、東京オリンピックでアシックスと提携するのは、オーストラリアのほか、日本とアルゼンチンの3カ国だという。

日系企業でAOCの公式パートナーとなっているのは、ブリヂストンやパナソニック、トヨタの3社となっている。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人と週末に…(09/20)

海外税当局、「徴収共助」強化 在豪NZの日本人に脅威も(09/20)

国税局の満足度が低下、中小企の不満などで(09/20)

製薬企、豪で13~15年に年間2億$課税逃れ(09/20)

米中貿易摩擦、豪経済に脅威=RBA(09/20)

通信TPG、合併無理でも5G入札意向(09/20)

保険IAG、自動車ディーラーに奨励金(09/20)

サントスのガス開発、NSW政府の懸念残る(09/20)

賃金上昇率の低迷、IT導入の不均衡も影響(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン