南北の経済協力巡り、関連株に期待高まる

韓国と北朝鮮の南北首脳会談以降、韓国で「南北経済協力株」が急騰の兆しを見せる中、企業価値に対して株価が安い銘柄への投資も回復するとの期待感が高まっている。28日付毎日経済新聞が伝えた。 企業価値に対する評価が低いのは斗山インフラコア、SKテレコム(SKT)、サム…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンのバイオ医薬品、米当局が販売承認(13:23)

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

SKハイニックス、社内アイデアを事業化へ(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン