配車「ライドX」、5月2日にサービス開始

シンガポールで自動車相乗りサービスなどのアプリを展開するライド(Ryde)・テクノロジーズは26日、5月2日から自家用車の配車サービス「ライドX」を始動すると発表した。

同社はこれまで通常の相乗りサービス「ライドプール」、同じ学校に子どもを送迎する人をマッチングする「ライドスクール」、ペット可の車両を配車する「ライドペット」を提供。昨年には、地場コンフォートデルグロのタクシーを配車するサービスも始めている。さらに3月末、自家用車の配車サービスを展開する計画を明らかにしていた。

ライドXでは乗車の7日前から10分前までの事前予約を受け付ける。運賃は時間帯などによって異なるが、予約時に確定。利用者が運転手を指名できるサービスも導入する。いずれはグラブなどと同様、即時の配車予約が可能なサービスも展開する見通しだ。

ライド・テクノロジーズは運転手から受け取る手数料を運賃の10%に抑えることで、市場競争力を確保する考え。競合大手の地場グラブはこれを20~30%に設定しているとされる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

TPPを批准、メキシコ・日本に続き3カ国目(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

配車アプリのグラブ、国立大とAI研究所開所(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

STエンジ、自動運転車で米ライドOSと提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン