• 印刷する

テイクオフ:積年の思いかなって訪れ…

積年の思いかなって訪れた街は、どこにでもある地方都市に見えた。タイ南部のナコンシータマラート。ナコン(都)シー(輝く)タマ(仏法)ラート(王)――いわくありそうな名に、魅せられていた。

長く地方王国の都だったという。確かに、街の象徴プラマハタート寺は金色の仏塔が美しく、参拝を終えて気分は高揚した。だが、市の人口10万人余。にぎわいは限られた範囲にしかない。

最終日、山田長政の足跡を追った。アユタヤ王朝の傭兵隊長だった長政は、政争に敗れてこの地の長官に左遷され、1630年に毒殺されたといわれる。今も長政が使った井戸や、一族が住んだ路地が残る。そこを訪れて驚いた。何と目の前が県庁なのだ。長政もここで執務した。少なくとも約390年、行政庁舎はこの位置を動かず、地域を治めてきたのだろう。時の重み。やはり街は輝きの都だった。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン