米と台湾、自転車製造で合弁 部品製造から輸出まで一貫体制

米国と台湾の自転車企業が、カンボジアで自転車製造の合弁事業を検討している。自転車の組み立ては盛んだが、部品工場が少ないため、産業の活性化に向けて部品製造から輸出までを現地で一貫して手掛けられる体制を構築する考えだ。自転車輸出が世界2位のカンボジアで、「メードイ…

関連国・地域: 台湾カンボジア米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

貿易・人権で国際機関と連携 首相が姿勢強調、EU制裁にらみ(10/24)

縫製協会、EUが制裁着手も「楽観」(10/24)

ムーディーズ、EU制裁なら格付け引下げも(10/24)

ポイペトに新空港、投資額5千万ドル(10/24)

エネルギーの効率使用を、環境相が訴え(10/24)

地場と台湾合弁、タクマオで住宅開発(10/24)

対トルコ貿易10億ドル目標、投資促進も(10/24)

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン