米と台湾、自転車製造で合弁 部品製造から輸出まで一貫体制

米国と台湾の自転車企業が、カンボジアで自転車製造の合弁事業を検討している。自転車の組み立ては盛んだが、部品工場が少ないため、産業の活性化に向けて部品製造から輸出までを現地で一貫して手掛けられる体制を構築する考えだ。自転車輸出が世界2位のカンボジアで、「メードイ…

関連国・地域: 台湾カンボジア米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上場企業に新税優遇措置 免税対象拡大、経済活性化に弾み(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

縫製・製靴工場の8割、月2回賃金開始(01/18)

18年の工場新設、19%増の178件=工業省(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

スバイリエンの靴工場で休業補償求め抗議(01/18)

独BASFが子会社、販路開拓へ(01/18)

シアヌークビル、ゴミ回収車など増強(01/18)

覚醒剤3.3キロ密輸疑い、男を告発(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン