マルチスズキ、昨年度は5%増益

インドの自動車最大手マルチ・スズキが4月27日発表した2017/18年度(17年4月~18年3月)単体決算は、純利益が前年度比5.1%増の772億1,800万ルピー(約1,270億円)だった。物品・サービス税(GST)の導入で実効税率が上がったほか、営業外収益が前年度から下がったことで増益幅は小幅にとどまった。

売上高は16.7%増の7,810億4,800万ルピー。営業利益は20.1%増の930億3,600万ルピーだった。年間の販売台数が過去最高を記録したことが寄与した。コスト削減にも取り組んだが、原材料価格の高騰で一部相殺された。

販売台数は13.4%増の177万9,574台。このうち国内販売が14.5%増の165万3,500台だった。

第4四半期は、純利益が前年同期比10.0%増の188億2,100万ルピー、売上高が14.4%増の2,059億4,300万ルピーだった。販売台数は46万1,773台で、前年同期から11.4%増えた。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン