モデルとなるよう運営、外国人就農特区で愛知

【共同】国家戦略特区として農業分野での外国人受け入れ事業を行う愛知県で26日、県や内閣府でつくる協議会の初会合が開かれた。同様の事業は新潟市と京都府も行うが協議会開催は初めて。大村秀章愛知県知事は会合で「モデルとなるようしっかり運営したい」と述べた。 特区は、人…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

テイクオフ:「あれ、おかしい。水が…(12/11)

NTTがAIで都市安全に、海外事業1千億円超(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

楽天が携帯基地局着工、三木谷氏「価格で新風」(12/11)

11月新車販売、2%減の34万台 本年度初のマイナス、商用も減速(12/11)

ちよだ鮨、越で2周年「来年に2店舗目を」(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

SIA、福岡線にボーイング787―10(12/11)

三井金属、ス州工場で増産計画が完了(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン