モデルとなるよう運営、外国人就農特区で愛知

【共同】国家戦略特区として農業分野での外国人受け入れ事業を行う愛知県で26日、県や内閣府でつくる協議会の初会合が開かれた。同様の事業は新潟市と京都府も行うが協議会開催は初めて。大村秀章愛知県知事は会合で「モデルとなるようしっかり運営したい」と述べた。 特区は、人…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

10月めどに独自番組放映開始 官民ファンドの新会社が始動(06/26)

多目的ターミナルが完成 南部の国際港、日本が円借款(06/26)

EVは環境に良い? エンジン改良こそ現実的(06/26)

外資系ホテルの進出相次ぐ 過去8年で3倍に、旅行者増加で(06/26)

南北通勤鉄道2案件に円借款 11月の交換公文目標、財務省(06/26)

大西衣料、東南アへ進出 総合卸で初、Eコマース視野に(06/26)

吉本興業、ミャンマーに「住みます芸人」(06/26)

ポストゴーン体制加速、日産連合の友好関係優先(06/26)

積水のリゾート開発が認可 サンシャインコーストで大規模開発(06/26)

三井物産、製糖会社の生産能力3倍に増強(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン