インフラ建設の特別会社、別枠で与信限度

フィリピン中央銀行は26日、金融機関などの1社当たり与信限度(SBL)に関する規制を緩和すると発表した。ドゥテルテ政権の大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」を後押しするため、大型インフラ事業向けに設立された特別目的会社(SPE)に別枠でSBLを設ける…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:レシートと釣り銭の確認…(11/20)

日立のフィリピン人実習生が帰国、現行制度に問題(11/20)

消費拡大受け小売7社好調 売上高12%増、地方取り込みへ(11/20)

改正会社法が下院通過、来年1月の施行目標(11/20)

政府、パプアニューギニアと経済協力拡大(11/20)

イオンクレジット、保証社債21億円を発行(11/20)

19日為替:$1=52.570ペソ(↑)(11/20)

IT・BPM業界、成長目標を下方修正へ(11/20)

LRT1号線、2年で変電施設を改良(11/20)

不動産8990がホテル事業参入、100億円投資(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン