船舶燃料の質量計義務化、留出油も対象に

シンガポールの海事港湾庁(MPA)は4月27日、船舶燃料の供給時に質量流量計(MFM)システムの利用を義務付ける規則をディスティレート(留出油)の供給にも適用すると発表した。船舶燃料の硫黄含有規制に対応するのが目的で、2019年7月1日付で実施する。 MFMは液体の…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計天然資源運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの地元紙に…(06/25)

デジタル関連事業の拡大推進 シングテル、全売上高の24%に(06/25)

日系の水産新興企業ウミトロン、9億円調達(06/25)

ジェイHD、地場企業からシステム開発受注(06/25)

スーパーインターネット、豪企業が買収(06/25)

繁華街に若者限定の共用オフィスが開業(06/25)

ハンズフリー改札機、MRT4駅で試験運用(06/25)

プラズマで靴底を接着、東南アで技術PR(06/25)

安全航海の研究所、ポリテクニック内に開設(06/25)

アスコット、中国で2軒のサービス住宅開業(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン