中国「一方的な制裁反対」、米の華為捜査で

【北京共同】中国外務省の華春瑩副報道局長は26日の記者会見で、米司法省がイラン制裁に違反した疑いがあるとして中国通信機器大手の華為技術(深セン市、ファーウェイ)を捜査しているとの米報道に関し「ある国が国内法に基づき一方的に制裁することに、中国は一貫して反対する」…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

「地条鋼」の再稼働防止、21省区市で査察(12:13)

テイクオフ:レストランで清涼飲料水…(05/22)

ブロックチェーンは高成長期 工情省が白書、企業数456社(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

ECの信頼性向上へ、悪質業者の制裁強化(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

1~4月の電力消費、9.3%増の2.1兆kWh(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

配車サービスの安全強化、企業18社が宣言(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン