シャープが4年ぶり黒字、液晶好調で復配も

【共同】シャープが26日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比18.4%増の2兆4,272億円、純損益が702億円の黒字(前期は248億円の赤字)で、4年ぶりの黒字となった。液晶事業が好調だった。台湾・鴻海精密工業の傘下で堅調に業績改善が進み、6年ぶりに配当を実施するこ…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

南亜、2Q純利益は過去最高=DRAM好況で(20:49)

テイクオフ:「2047年まで30年…(07/18)

テイクオフ:環境汚染の原因の一つと…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

今年の生産額2200億元規模に PC関連製品、サーバーなど好調(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

業成、サムスンから超音波指紋認証パネル受注か(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン