26日指数は続落、朝方上昇も後半に失速

26日の台湾株式市場で加権指数は続落。終値は前日比71.39ポイント(0.68%)下落し10,488.58ポイント、売買代金は1,402億7,100万台湾元(約5,160億円)だった。 集中市場は、前日まで4営業日連続で加権指数を下げている。26日の取引では、安値圏の銘柄への押し目と見られる買いが…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

南亜、2Q純利益は過去最高=DRAM好況で(20:49)

テイクオフ:「2047年まで30年…(07/18)

テイクオフ:環境汚染の原因の一つと…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

今年の生産額2200億元規模に PC関連製品、サーバーなど好調(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

業成、サムスンから超音波指紋認証パネル受注か(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン