ネイバー、1Q営業益11.6%減の260億円

韓国IT大手ネイバーが26日発表した2018年1~3月期の連結決算で、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比11.6%減の2,570億ウォン(約260億円)だった。 人工知能(AI)など新技術の開発人材の確保や世界市場でのサービス拡大に向けたコンテンツ確保およびマーケティングの…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(12:22)

現代モービス、次世代車開発にAI活用(14:32)

現代自が2階建てバスを来年発売か=現地紙(15:09)

現代重、無給休職制度の導入を検討(14:28)

ソウル市、西部で環境配慮型都市を建設へ(14:27)

テイクオフ:徴兵は時間の無駄——。…(07/23)

世宗・釜山にスマート都市 企業育成や雇用創出に期待(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

現代自動車、中型トラック2車種を発売(07/23)

6月自動車産業、生産・輸出など軒並み減少(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン