• 印刷する

ドンムアン空港、第3ターミナルを新設へ

タイ空港公社(AOT)は、首都バンコクのドンムアン空港、北部チェンマイ空港、チェンライ空港の3空港の開発計画の修正案を承認したと発表した。26日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

承認したのは、ドンムアン空港の第3期開発計画(2018~24年、事業費350億バーツ=約1,213億円)、チェンマイ空港の第1期開発計画(18~22年、100億バーツ)、チェンライ空港の第1期開発計画(18~22年、44億バーツ)の3事業。旅行者の増加ペースが加速しているため、いずれも従来計画の規模を拡大し、完成時期を前倒しした。

ドンムアン空港は当初、2階建ての旧ターミナルを改装して国際線用の第3ターミナルにする予定だったが、2フロアでは収容能力が不十分だとしてターミナルを新設することにした。今後8~10カ月をかけて設計し、2年掛かりで建設して21年の供用を目指す。ドンムアン空港全体の旅客収容能力は、現在の3,000万人から4,000万人に拡大する。

チェンマイ空港は駐車場ビル(収容台数300台)の建設、旅客ターミナルの拡張、施設前の道路の拡幅などを行う。チェンライ空港は現在、出発フロアと到着フロアが同じ階にあるが、施設の拡張により1階と2階に分ける計画。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月は日本の自治体の知…(11/20)

政府、タイ出稼ぎ労働者の合法化に苦慮(11/20)

3QのGDP成長率は3.3% 1.3P鈍化、内需拡大も輸出減速(11/20)

BOIが新たな投資振興策、HV生産も認可(11/20)

IHI、低温倉庫向け自動設備を受注(11/20)

タイ航空ケータリング部門、北部に新工場(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

国営トランスポート、小包宅配への参入計画(11/20)

サイアムピリヤ、週末市場で商業施設開業へ(11/20)

エリシアン、北部チェンダオで住宅開発へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン