• 印刷する

レカムの大連子会社、新三板に上場申請

情報通信機器の販売・保守などを手掛けるレカムは26日、遼寧省大連市に置く子会社が、中国の中小企業向け店頭市場、全国中小企業股フン転譲系統(フン=にんべんに分、NEEQ、通称・新三板)に上場申請書類を提出、受理されたと発表した。

子会社の名称は、賚カ睦商務服務(大連)(カ=上に下、レカムビジネスソリューションズ(大連))で、2005年の設立。日系企業向けのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスや、LED照明、デジタル複合機、ネットワーク商品、その他OA機器全般の販売、設置工事、保守サービスなどを手掛けている。上場により、中国での知名度が向上し、中国企業や外資企業への事業展開、中国市場での新規ビジネス展開が可能になるといったメリットが期待できるとしている。

今後、上場審査が進められ、結果は7月末~8月に判明する見通しという。


関連国・地域: 中国-大連日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コメ輸出、中国向け減で低迷 EU、アフリカ問題も逆風(04/25)

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

テイクオフ:きれいに整備された通り…(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

2Q中小景況感がV字回復 4四半期ぶりの上昇、3年で最大(04/25)

常態化する「サービス残業」 ホワイトカラーの7割、大企業も(04/25)

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(04/25)

ムセに空港建設計画、年内にも入札目指す(04/25)

NEV生産量、今年は150万台突破へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン