レカムの大連子会社、新三板に上場申請

情報通信機器の販売・保守などを手掛けるレカムは26日、遼寧省大連市に置く子会社が、中国の中小企業向け店頭市場、全国中小企業股フン転譲系統(フン=にんべんに分、NEEQ、通称・新三板)に上場申請書類を提出、受理されたと発表した。

子会社の名称は、賚カ睦商務服務(大連)(カ=上に下、レカムビジネスソリューションズ(大連))で、2005年の設立。日系企業向けのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスや、LED照明、デジタル複合機、ネットワーク商品、その他OA機器全般の販売、設置工事、保守サービスなどを手掛けている。上場により、中国での知名度が向上し、中国企業や外資企業への事業展開、中国市場での新規ビジネス展開が可能になるといったメリットが期待できるとしている。

今後、上場審査が進められ、結果は7月末~8月に判明する見通しという。


関連国・地域: 中国-大連日本
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中国鉄道、北部大型橋の基礎完成(07/17)

南部ストゥンハブの開発進む 中国が発電合弁、港は調査段階(07/17)

テイクオフ:広州の旧市街に今も残る…(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

2Qの経済成長率6.7% 0.1P鈍化、目標は上回る(07/17)

上半期の鉱工業生産6.7%増、伸び率鈍化(07/17)

米中の貿易戦争、豪経済にも「深刻な影響」(07/17)

観光局と支付宝、中国客マーケティングで提携(07/17)

微信支付、香港・マカオでの利用が7倍に(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン