2月のCPO輸出、前月比14%減少

インドネシア・パーム油業界連盟(GAPKI)によると、2月のパーム原油(CPO)とパーム油由来品(バイオディーゼルと油脂化学製品を除く)の輸出量は、前月比14%減の237万トンだった。中東や中国を除いて、米国や欧州連合(EU)加盟国など多くの輸出先国で需要が減少した…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

潤滑油の国内基準、来年9月から取得義務化(17:01)

コモド空港の官民連携事業、25年間の運営権(16:19)

ライオン・エア、ミャンマーに路線開設へ(14:27)

テイクオフ:当地に来たばかりのころ…(09/26)

8月の二輪販売は56.8万台 AISI、通年販売台数は堅調(09/26)

東ガス、ボイラーエネルギーで3社と提携(09/26)

日産自動車、現法新社長に関口氏就任へ(09/26)

群馬銀、自動車部品キャッツ現法に6千万円(09/26)

ベンツ、19年半ばに電気自動車を発売へ(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン