発電用天然ガスに特別価格、政府が検討

インドネシア政府は、国内のガス火力発電所に供給される天然ガスの特別価格を設定することを検討している。政府は、2019年末まで電気料金を据え置くことを決めており、そのために発電コストを抑える必要があるからだ。26日付コンタンが伝えた。 エネルギー・鉱物資源省電力局のア…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

金融派生商品の市場活性化へ 地場取引所、インドネ同業と提携(06/19)

宝成の越工場4カ所、生産ラインは全面回復(06/19)

【予定】19日 6月月例経済報告ほか(06/19)

オリエンタル、スマトラ島に製油所建設へ(06/19)

【人事】ユシロ化学工業常務に菊池慎吾氏ほか(06/19)

LS電線、インドネシアに電力ケーブル合弁(06/19)

【訃報】花岡英夫氏(元東京特殊電線社長)ほか(06/19)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン