ハティン省でまた魚大量死、港湾建設が原因

フォルモサ・ハティン・スチール(FHS)製鉄所があるハティン省キーアイン付近で先週、再び魚大量死が発生した。2016年に発生し、社会問題にもなった北中部~中部4省沿岸の魚大量死では、FHSの排水が原因とされたが、今回は港湾の建設工事に伴う水中の酸素不足が原因とされ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越のカフェ市場、地場に勢い コンカフェ「日本進出も視野に」(11/19)

ビンファスト、電動スクーターの発売延期か(11/19)

地場不動産会社、中部初のスマートオフィス(11/19)

LPG、国内自給率45%どまり(11/19)

SIMカード買い占めも、番号ポータブルで(11/19)

テーゾイ、2年後に家電シェア50%目標(11/19)

新興プランテック、事務所開設(11/19)

長野のAIC、ハノイに日本語学校開校(11/19)

BIDV、新会長にトゥー頭取(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン