ハティン省でまた魚大量死、港湾建設が原因

フォルモサ・ハティン・スチール(FHS)製鉄所があるハティン省キーアイン付近で先週、再び魚大量死が発生した。2016年に発生し、社会問題にもなった北中部~中部4省沿岸の魚大量死では、FHSの排水が原因とされたが、今回は港湾の建設工事に伴う水中の酸素不足が原因とされ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

主要上場、増収増益は4割 成長スピード鈍化=1Q決算(05/23)

米商務省、ベトナム製の鉄鋼に反迂回措置(05/23)

携帯メットフォン、高速4.5Gサービス開始(05/23)

ホンダの四輪車販売、4月は単月最高に(05/23)

グラブが値上げを否定、利用者からは不満も(05/23)

ビングループ、ダナンでコンドテル開業(05/23)

アジアのタービン市場は有望=シーメンス(05/23)

電力消費量、猛暑で昨年を上回るペース(05/23)

VNPT、カントー市をスマートシティー化(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン