ハティン省でまた魚大量死、港湾建設が原因

フォルモサ・ハティン・スチール(FHS)製鉄所があるハティン省キーアイン付近で先週、再び魚大量死が発生した。2016年に発生し、社会問題にもなった北中部~中部4省沿岸の魚大量死では、FHSの排水が原因とされたが、今回は港湾の建設工事に伴う水中の酸素不足が原因とされ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

インフレ加速、影響じわり 年4%維持へ公共料金を抑制(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

年後半は緩やかなドン安へ=三菱UFJ銀(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

韓国GSが越で整備士教育、潤滑油PRも(07/18)

住友電装、ハイズオン省に第4工場(07/18)

台プラのベトナム製鉄所、19年にフル稼働へ(07/18)

タクシー協会、グラブの試験運用停止を提案(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン