• 印刷する

テイクオフ:始まる前から「お腹いっ…

始まる前から「お腹いっぱい」の選挙報道に加え、興奮気味に投票帰省の話をする友人たちを見ていると、否が応でも選挙モードをかき立てられる。マレーシアに来てからの数年間、日本での投票権を放棄していた自らを悔いて在外投票の手続きをしたほど、今は選挙熱が高まっている。

先日配車アプリのグラブが、ポイントと交換できる選挙グッズを発表した。お祭り騒ぎかと鼻で笑いながらも、こちらも火がついている。「14回選挙のロゴは今しかない!」と、勢いに任せて500円分ほどのポイントをつぎ込み、選挙Tシャツを申し込んでしまった。

配送状況が気になってアプリを開くも、期待した「配達中」はもとより「受付完了」の知らせさえない。まんまと選挙ムードに乗せられて申し込んだTシャツが、選挙後に届くのはまぬけすぎる。何とか投票日までに届いてほしいところだ。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン