不動産の緑地、上海のAI企業に3億元出資

中国不動産開発大手の緑地控股集団(上海市、緑地集団)は25日、人工知能(AI)技術開発を行う深蘭科技(上海)に3億元(約51億8,000万円)を出資し、同社の株式13%を保有する第2位株主になると発表した。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。 緑地集団はさらに、深蘭科技と合…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: IT・通信製造一般建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

マカオの4月旅行者8%増、3カ月プラスに(12:14)

テイクオフ:日本のコンビニエンスス…(05/24)

中国海南省、2都市に直航便就航へ(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

全国の就業者数7.76億人 微増、第3次産業で拡大(05/24)

自動車の輸入関税引き下げ、各社値下げ検討(05/24)

〔政治スポットライト〕日豪外相会談、印太平洋の安定で一致(05/24)

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る(05/24)

自貿区の規制緩和策を全国に、船舶輸送など(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン