不動産の緑地、上海のAI企業に3億元出資

中国不動産開発大手の緑地控股集団(上海市、緑地集団)は25日、人工知能(AI)技術開発を行う深蘭科技(上海)に3億元(約51億8,000万円)を出資し、同社の株式13%を保有する第2位株主になると発表した。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。 緑地集団はさらに、深蘭科技と合…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: IT・通信製造一般建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

地方の価格統制さらに縮小、対象を3割削減(17:52)

周生生、RFID活用で顧客の好み把握(20:56)

後方モニターが人気、カー用品使用度調査(17:52)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

テイクオフ:深センにあるIT大手に…(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン