不動産の緑地、上海のAI企業に3億元出資

中国不動産開発大手の緑地控股集団(上海市、緑地集団)は25日、人工知能(AI)技術開発を行う深蘭科技(上海)に3億元(約51億8,000万円)を出資し、同社の株式13%を保有する第2位株主になると発表した。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。 緑地集団はさらに、深蘭科技と合…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大きな竹ぼうきで歩道を…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

中国勢、EVの性能アピール 航続距離600キロも、広州MS(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

アップル向け工場のデモ収束(11/20)

独禁法の改正準備進む、運用指南も制定(11/20)

シー、テンセントのゲームの域内販売権獲得(11/20)

センチュリー21、首都の新複合ビルを販促(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン