サムスン1Q営業益58%増、半導体けん引

韓国のサムスン電子は26日、2018年1~3月期の連結営業利益が15兆6,400億ウォン(約1兆5,800億円)で、前年同期比58.0%増加したと発表した。四半期ベースで過去最高を更新。利益の大半を市況が好調な半導体事業が稼ぎ出した。一方、液晶パネルの価格下落でディスプレー事業は7…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

マカオの8月旅行者、単月過去最多に(09/26)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(335)(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

【訃報】前野重喜氏(元カシオ計算機専務)(09/26)

韓国ファンド、ダットサイン株5%取得(09/26)

政府、ダム建設5事業を韓国借款で(09/26)

韓国系縫製ハイビナ、ハティン省に工場(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン