期待高まる債券市場 資金調達に利点、管理も国際化

カンボジアの証券市場で、2018年から運用が始まった債券市場に企業の期待が高まっている。上場するよりも手続きが簡素で容易に資金調達ができるなど利点が多いためだ。既に複数社が申請し、カンボジア中央銀行が審査に入った。一方、株売買に関する規制緩和やカストディアン(有価…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(17:29)

鉄鋼産業の成長道半ば 消費見劣り、輸入でコスト高(05/22)

国道5号線の南区間、日本支援で改修に着手(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

労働許可証の取得、年初来で7万人に(05/22)

ネット情報の一括監視、政府が計画か(05/22)

空港などにQRコード導入、サービス評価へ(05/22)

小口金融の融資残高、3月末で約4割増(05/22)

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン