期待高まる債券市場 資金調達に利点、管理も国際化

カンボジアの証券市場で、2018年から運用が始まった債券市場に企業の期待が高まっている。上場するよりも手続きが簡素で容易に資金調達ができるなど利点が多いためだ。既に複数社が申請し、カンボジア中央銀行が審査に入った。一方、株売買に関する規制緩和やカストディアン(有価…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

【訃報】秋山努氏(元静岡ガス社長)ほか(09/24)

商社BJC、来年に350億円投資で事業拡大(09/24)

1人当たりGDP2千ドル、首相が目標表明(09/21)

〔寄り道〕国民議会(下院)が休憩に入る…(09/21)

当局が縫製投資6件認可、2800万ドル規模(09/21)

米大統領、国の発展見据え関係強化(09/21)

カナディア銀、中小企業向け融資1.5億ドル(09/21)

首都のゴミ、1日2700トンに=環境省(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン