期待高まる債券市場 資金調達に利点、管理も国際化

カンボジアの証券市場で、2018年から運用が始まった債券市場に企業の期待が高まっている。上場するよりも手続きが簡素で容易に資金調達ができるなど利点が多いためだ。既に複数社が申請し、カンボジア中央銀行が審査に入った。一方、株売買に関する規制緩和やカストディアン(有価…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易摩擦で恩恵大 工場移転も、EU制裁は懸念(11/13)

クリスエナジー、ケッペルに作業船改修発注(11/13)

中国小米、スマホ市場に参入(11/13)

米2団体、労働者の権利保障を要請(11/13)

中国国際航空、北京―プノンペン就航を延期(11/13)

首相と野党元党首、ケム・ソカ氏解放で賭け(11/13)

ラタナキリ州で200人食中毒、当局が調査(11/13)

訪日喚起へ「楽しみ」伝える JNTOが催事、認知度に課題(11/12)

セメント生産量、1〜9月は367万トン(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン