自動車部品業界、輸入車の新政策で苦境

ミャンマー政府が1月、輸入を認める自動車を左ハンドルの新車に限定する政策を導入したことを受け、同国の自動車部品業界が調達で苦境に立たされている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が25日伝えた。 ミャンマーでは長い間、右ハンドルの日本製中古車が主流だったため、部品業…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

太陽光で「安心して勉強」 パナが無電化村の学校に寄贈(07/13)

〔寄り道〕色とりどりの玉飾りがついた…(07/13)

【予定】13日 トランプ米大統領が初訪英ほか(07/13)

米がビザ発給停止、ミャンマーなどに制裁(07/13)

中銀、国内銀行の外資出資比率を精査(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン