自動車部品業界、輸入車の新政策で苦境

ミャンマー政府が1月、輸入を認める自動車を左ハンドルの新車に限定する政策を導入したことを受け、同国の自動車部品業界が調達で苦境に立たされている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が25日伝えた。 ミャンマーでは長い間、右ハンドルの日本製中古車が主流だったため、部品業…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラカイン北部で地雷爆発、男性2人死亡(19:36)

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

エヤワディ、外国投資の誘致強化へ税優遇(12/10)

日本語教師の育成講座開設、訪日増見据え(12/10)

インド大統領、10~14日にミャンマー訪問(12/10)

MSHのインター校、19年半ばに開校(12/10)

バゴー管区政府、卸売市場を新設へ(12/10)

国内の報道の自由度低下、情報相が否定(12/10)

豪華船シルバーミューズ、ティラワに寄港(12/10)

帰還計画「自発性を無視」、難民支援の邦人医師(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン