1~3月の新車輸出は微減 輸出推進政策は苦戦、生産は好調

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は、第1四半期(1~3月)の生産台数と完成車(CBU)輸出入台数の統計を公表した。生産台数は前年同期比で4%近く上昇したが、輸出台数は微減となった。インドネシア政府は、国内の生産を拡大し、海外輸出を推し進めていく政策…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

オンライン許認可制度、運用はさらに延期(19:40)

ディーゼル燃料補助金に外貨準備の使用検討(18:14)

ハラル専用のコンテナと倉庫、協会が提供へ(17:09)

テイクオフ:「腹をしまえ、腹を」と…(05/21)

観光客減で12億米ドル損失も 政府と業界、テロの影響に懸念(05/21)

19年の目標成長率は5.4~5.8%、財務相(05/21)

1~4月の税収、14%増の383.3兆ルピア(05/21)

川崎重工、ジャカルタ新事務所を開所(05/21)

日産現法、高級車インフィニティの販売停止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン