• 印刷する

テイクオフ:クアラルンプール郊外の…

クアラルンプール郊外のリゾート施設で知り合ったインド系マレーシア人の50代男性と、これまでに行ったことがある国の話になった。資源関連の企業に勤める彼の訪問国は数も多く地域も多彩で、こちらの比ではなかった。「消えてしまったUSSRにもよく行った」と笑う。懐かしい、「ソビエト連邦」の略称だ。

中学生の時、初めて買った旅行ガイドは「ソ連旅行」だった。「西側」のジーンズとタバコは袖の下として喜ばれる、ここを撮影したら秘密警察に拘束される……といったアドバイスが満載だった。それから1年もせずソ連は崩壊してしまった。

男性はロシアも数回訪問したそうだが「ソ連時代は良かったよ」と懐かしむ。「何もかも非効率だったけど、何もかも調和があった」。彼は別れ際にこう言った。「行きたい国は早く行きな。いつ消えるか分からない、俺の前のワイフみたいになっ!」。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「一足飛び」を数年前か…(10/23)

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

廃棄物処理の国際会議、マレーシアで初開催(10/23)

RM=27.1円、$=4.15RM(22日)(10/23)

ペトロナス、オマーンで油田権益10%獲得(10/23)

石炭価格の上昇、電気代引き上げの可能性も(10/23)

太陽光関連も電気代請求一括精算、来年から(10/23)

マ家電市場、今後も成長=仏グループセブ(10/23)

タクシーと配車運転手、SOCSO義務付け(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン