SKケミ、中国の高機能樹脂市場に進出準備

韓国の化学大手SKケミカルが、帝人(東京都千代田区)と合弁で設立したINITZを通じて中国の高機能樹脂ポリフェニレンサルファイド(PPS)市場への進出を進めていることが分かった。 PPSは、耐熱性や耐薬品性に優れ、自動車・電子分野で金属を代替すると期待される。…

関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車アパレル・繊維金融・保険社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今日は「チメク」の日だ…(06/21)

改正労働法6カ月の猶予期間 与党、影響の最小化へ(06/21)

銀行が2千億W融資、開城工団入居企業向け(06/21)

金融当局、銀行の家計向け貸出に規制示唆(06/21)

韓国カフェチェーン、ヤンゴン空港に1号店(06/21)

35億円分の仮想通貨が流出、2位の取引所で(06/21)

LG化学、成都に有機EL技術センター推進(06/21)

SKT、5Gの自社ブランドを立ち上げ(06/21)

鉄鋼輸入、1~5月は570万トン(06/21)

現代自、「ベロスターN」の販売開始(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン