26件の港湾建設事業に問題、運輸省調査

インドネシア運輸省が国家に損失をもたらした疑いのある数十件の港湾建設事業について調査した結果、26件の事業に大きな問題があったことが分かった。25日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 問題が指摘されたのは、2009~15年に実施された、目的港に直行便がないため、その中継港を…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

バスキ元知事、来年1月に刑期満了で釈放へ(15:19)

エバー航空、首都空港第3ターミナルへ移行(14:49)

鉱業サービス協会、B20の供給拡大を要請(13:21)

テイクオフ:ブラウン管テレビやビー…(12/11)

セダン・SUV販売が不振 市場飽和、価格格差が下げ要因(12/11)

アバンザとセニア、来年初め新モデル発売か(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

19年の給与上昇率は8%の見通し、マーサー(12/11)

ビンタン島、ガラン・バタン経済特区が稼働(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン