サムスンバイオロジ、1Q営業益2.9倍増

サムスングループでバイオ医薬品事業を手掛けるサムスンバイオロジクスは24日、2018年1~3月期の連結営業利益が100億ウォン(約10億円)と前年同期比で2.9倍増加したと発表した。昨年2月に仁川市松島の第2工場が稼働し、生産量が向上したことが寄与した。売上高は1,310億ウォン…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:徴兵は時間の無駄——。…(07/23)

世宗・釜山にスマート都市 企業育成や雇用創出に期待(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

現代自動車、中型トラック2車種を発売(07/23)

6月自動車産業、生産・輸出など軒並み減少(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

GM、韓国に5千万米ドルの追加投資(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

シンドラー、韓国政府相手取りISD提訴へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン