MGがEV投入視野、西部でテスト走行

中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)傘下の英系MGモーター・インディアが、インド西部グジャラート州ハロルで電気自動車(EV)2モデルの試験走行を開始したことが分かった。将来的な市場投入を視野に入れ、インドの気候や道路状況に合った車両の開発を進める考えだ。…

関連国・地域: 中国インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの人たちは何かと…(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

GM、インド最後の工場をJSWに売却か(09/26)

独VW、プネに印3カ所目の配送センター(09/26)

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

中国電動バイクの新日、インド工場設置へ(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

鉄鋼タタ、ウシャマーティンと供給契約(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン