• 印刷する

テイクオフ:勢いに乗る企業の本領発…

勢いに乗る企業の本領発揮とでも言うべきか。中国華為技術(ファーウェイ)が台湾で開いたスマートフォン新機種の発表会は、とにかく「きらびやか」の一言だった。

広いホテルの宴会場には花道に囲まれた客席。会場後方で女性モデルが、スマホ片手に次々とポーズを決める。開始に合わせてセクシーな衣装をまとった男女ペアがダンスショーを繰り広げ、運び込まれるは高級食材。手土産には山盛りイチゴのホールケーキが配られる。竜宮城の浦島太郎もかくやといった気分だ。

いまやスマホ世界シェア3位の華為だが、台湾での存在感はまだ薄い。それでもここまでパワフルな様子を見せられると「大化けは近いかも」とつい考えてしまうから不思議だ。勢いがある国の、元気な企業の姿。かつては日本にもあったはずなのだが。バブルのころに思いをはせながら、にぎわう会場を後にした。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン