東南ア対象ワーホリ6月導入か、農業従事者不足

台湾行政院農業委員会(農委会)の林聡賢主任委員(閣僚級)は24日、域内の農業従事者の不足を補う方策の一環として、東南アジア各国の若者を対象とするワーキングホリデー制度を早ければ6月にも導入すると明らかにした。現在、外交部(外務省)などの関係省庁と受け入れに関する…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 農林・水産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある大学教授によると、…(03/19)

鴻海が高雄にスマート工場 韓市長と覚書、ソフトでも雇用拡大(03/19)

半導体設備の蔚華、子会社が上海に認証センター(03/19)

TSMCで人事異動か、ウエハー不良問題で(03/19)

ラーガンの売上高R&D費比率、過去最高に(03/19)

FPC台郡の高雄新工場着工、105億元投資(03/19)

受動デバイスの国巨、18年純利益は過去最高(03/19)

台湾石油化学の景況感、今年は「良くない」3割(03/19)

トクヤマ、雲林第2工場が落成(03/19)

鶏肉の其祥、星の加工工場が量産開始(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン