• 印刷する

韓国が工業団地計画、自動車輸出拠点に

韓国が、ミャンマー最大都市ヤンゴンで新たな工業団地の設立を計画していることが明らかになった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が25日伝えた。

ミャンマー商業省貿易局のヤン・ナイン・トゥン局長によると、韓国は自動車産業の拠点として「ミャンマー・韓国工業団地」を設立し、輸出向け韓国車の生産および組み立てを行う計画という。

開発予定地は、ヤンゴン管区マウビ郡区のニャウンナピンで、広さは500エーカー(約2平方キロメートル)以上。工業団地の完成は2025年を見込み、最大2億米ドル(約220億円)の投資を誘致できるという。工業団地の整備は、韓国の対外支援機関、韓国国際協力団(KOICA)が策定を支援しているヤンゴン管区と北のバゴー管区を結ぶ「ヤンゴン―ハンタワディ―バゴー回廊」と、ヤンゴン南西部の開発マスタープラン(基本計画)に含まれている。

1998年~17年12月の韓国からミャンマーへの累計投資額は38億米ドルで、6番目の投資国になっている。16年度(16年4月~17年3月)の二国間貿易額は8億6,600万米ドルだった。

ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)に韓国企業6社が進出しているほか、韓国土地住宅公社(LH)はミャンマー建設省と共同で、マウビ郡区に総工費1億2,000万米ドルの「韓国ミャンマー経済協力工業団地」を建設している。


関連国・地域: 韓国ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

障害者の雇用理解に手引き 日本のNPOなど、企業向けに(01/21)

ヤンゴンバス電子決済、年内に稼働目指す(01/21)

中銀、民間銀に3年以下の住宅ローン認可(01/21)

石油公社、マグウェーで26日に試掘開始(01/21)

10~12月の貿易額は84億ドル、1億ドル増(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ネピドーに緊急医療訓練センター、国内初(01/21)

ヤンゴンのカンタヤセンター、正式開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン