• 印刷する

テイクオフ:2006年にスタートし…

2006年にスタートした韓国の国民的バラエティー番組「無限挑戦」が今春、最終回を迎えた。数々の人気企画を生み出し、土曜ゴールデンタイムの枠の顔を務めた番組の終了とあって「ロス現象」も一部で起こっている。

約12年間の最高視聴率は28.9%で、2000年代後半までは20%台を超えることも多々あった。ただ、ここ数年は若者のテレビ離れ進み、1桁台と低迷する回も多かった。

「無限挑戦」が終了した3月31日、奇しくも同じ日、日本の土曜ゴールデンの看板番組「めちゃ×2イケてるッ!」も21年半の歴史に終止符を打った。大物コメディアンの松本人志さんは人気バラエティーの終了について「作り手側のテレビ離れ」を危惧している。

韓国バラエティーの制作スタッフは30代女性が中心。松本さんの指摘は海を越えて当地バラエティー界へのメッセージにもなっている。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

農協銀行がチャットボット導入、金融では初(17:57)

韓国社の地場ソーラー株取得、競争委が承認(19:11)

GSとSK、物品保管サービスを開始(16:40)

SKCが中国に合弁、酸化プロピレンを生産(17:57)

テイクオフ:1997年に韓国を襲っ…(12/10)

「米中貿易戦争過熱」が1位 金融システムへのリスク要因で(12/10)

大企業の支配構造再編は表面だけ、公取委(12/10)

SKハイニックス、新社長に半導体専門家(12/10)

大企業への監査時間、19年から2倍に(12/10)

ロッテ、インドネシアを石化拠点に(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン