• 印刷する

通信事業者に課税へ、遠隔地サービス拡充で

ミャンマー運輸・通信省は、携帯通信事業者からユニバーサルサービス料を徴収し、遠隔地でのサービス拡充に充てる方針を明らかにした。6月にも開始する予定という。ミャンマー・タイムズ(電子版)が24日伝えた。

同省郵便・通信局のミョ・スウェ副局長は「既存の携帯通信網は人口の90%近くを網羅している。残る地域で携帯通信サービスを提供するため、携帯通信事業者から徴収するユニバーサルサービス料を利用して通信塔を建設する」と説明。ユニバーサルサービス料は収益の2%相当になるという。

運輸・通信省は、2019年第1四半期までに携帯通信網を人口の94%まで拡大する目標を掲げているが、ユニバーサルサービス料の導入でさらに99%まで引き上げたい考えだ。

運輸・通信省には、電気通信法のもと、基本的な電気通信サービスを確保する目的でユニバーサルサービス料を徴収・管理する権限が与えられている。国営ミャンマー郵電公社(MPT)、ノルウェー系のテレノール・ミャンマー、カタール系Ooredooミャンマー、ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)系の「マイテル(Mytel)」の4社が徴収対象となる。


関連国・地域: ベトナムミャンマー中東欧州
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

投資促進管轄の新省を設立 誘致強化、事業環境改善が目的(11/21)

南部メイの電気料金、燃油高で値上げ(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

ヤンゴン空港、欧州航空会社に就航働き掛け(11/21)

運輸相、チン州の新空港建設現場を視察(11/21)

マンダレーのガラス工場、新溶解炉が稼働(11/21)

メコンの空路接続調査、課題解決に期待(11/21)

糖尿病リスク要因、全国で調査実施へ(11/21)

新党「人民党」、ヤンゴンで党本部を開所(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン