• 印刷する

テイクオフ:まだ気温の上下が激しい…

まだ気温の上下が激しいものの、それでも日中は暖かくなり大気汚染も冬場ほどひどくなくなった上海。散歩にはうってつけの気候だと思っていたが、先の休みに一日出歩いていたら目やのどが痛くなった。どうやらプラタナスのせいらしい。

プラタナスはちょうど4~5月の春から夏へ季節が変わるころ、実が破裂し、綿毛を飛ばす。この白い浮遊物が、気をつけないと目や口に入り込むのだ。プラタナスに関する悩みは上海市民も抱いているようで、地元紙によると市当局に「街路樹を違う品種に変えてくれ」という要望があるそうだ。上海市の街路樹は昨年末時点で100万本以上あり、このうちプラタナスが約3割を占めるという。

PM2.5やスギ花粉などと比べればまだましなのかもしれないが、それでもこの1年で一番良い季候にマスク、だて眼鏡姿で出歩かなければならないのは少し悲しい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中が貿易協議で合意、15日の追加関税見送りへ(12:25)

金融機関の総資産、9月末時点で312兆元(12/13)

積極財政を継続、経済工作会議 新規減税は示さず、金融は緩和か(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

5Gスマホが500万台突破、11月出荷数(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン