• 印刷する

テイクオフ:まだ気温の上下が激しい…

まだ気温の上下が激しいものの、それでも日中は暖かくなり大気汚染も冬場ほどひどくなくなった上海。散歩にはうってつけの気候だと思っていたが、先の休みに一日出歩いていたら目やのどが痛くなった。どうやらプラタナスのせいらしい。

プラタナスはちょうど4~5月の春から夏へ季節が変わるころ、実が破裂し、綿毛を飛ばす。この白い浮遊物が、気をつけないと目や口に入り込むのだ。プラタナスに関する悩みは上海市民も抱いているようで、地元紙によると市当局に「街路樹を違う品種に変えてくれ」という要望があるそうだ。上海市の街路樹は昨年末時点で100万本以上あり、このうちプラタナスが約3割を占めるという。

PM2.5やスギ花粉などと比べればまだましなのかもしれないが、それでもこの1年で一番良い季候にマスク、だて眼鏡姿で出歩かなければならないのは少し悲しい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン