【為替マーケット分析】ファンダメンタルズ回帰で0.75米ドル台

■これまでの動き トランプ米大統領の攻撃的なツイッターが鳴りを潜め、米中貿易戦争勃発懸念が沈静化、危惧されたシリア攻撃も1回限りとされ、また米朝首脳会談に向けての調整が進む一方で、日米首脳会談は友好ムードで終了、マーケットには楽観ムードが戻りつつある。となれば…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:胃の調子が悪くなり、オ…(07/18)

豪CEO年収、過去17年最高 ボーナスの大幅増加で(07/18)

社員の位置把握、キヤノンは問題なし=FWC(07/18)

豪大手銀、円建て「サムライ債」の発行拡大(07/18)

金融市場の楽観に警戒感=IMF経済見通し(07/18)

豪国税局、利益移転で知的財産に注目(07/18)

天然資源省、鉱山採掘権の付与を再開(07/18)

再生エネ切替え投資、最大270億$=AEMO(07/18)

〔政治スポットライト〕豪、政治混乱で外交能力格付け10位に転落(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン