日本の官民コンソ、豪水道企を中国企へ売却

官民ファンドの産業革新機構(INCJ)は25日までに、三菱商事や日揮と組んだコンソーシアムにより2010年に買収したオーストラリアの水事業者トリリティー(TRILITY)を、中国の浄水事業大手、北控水務集団に売却したと発表した。国際入札を経た放出で、売却額は非公表となってい…

関連国・地域: 中国オーストラリア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出先から戻ると、寝室…(11/13)

日豪、防衛関係を強化 安倍首相来豪で合意へ(11/13)

VIC政府、中国一帯一路覚書の内容を公表(11/13)

インドネシア、豪州との貿易協定に難色(11/13)

〔政治スポットライト〕連立政権、支持引き続き下落=世論調査(11/13)

移民受入れ数の決定方法、豪政府が変更検討(11/13)

QLDの鉱山環境法改正、2500人失業も(11/13)

〔オセアニアン事件簿〕BHP脱線事故、あわや衝突してた?(11/13)

ウールワース、給油所部門を17億$で売却(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン