「匠の技」若手に継承、AIがライバル=トヨタ

【共同】工場の自動化が進んだ現在も、トヨタ自動車では技能員が作業の無駄を徹底的に省く「カイゼン(改善)」の取り組みで、効率や品質を高めている。「職人の技能こそ競争力の源泉」とし、匠の技を継承するため若手育成に力を入れる。ただロボットや人工知能(AI)が発達すれ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

昭和電工、南部にアルミ缶第3工場(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

テスラが赤字790億円、納車遅れやリストラ費用(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン