• 印刷する

台塑石化、米ルイジアナ州に石化施設を建設

米ルイジアナ州政府は米国時間23日、台湾石化最大手、台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)傘下の台塑石化(フォルモサ・ペトロケミカル、台塑化)が同州に石化複合施設を設けることで双方が合意したと発表した。投資額は94億米ドル(約1兆200億円)。

24日付経済日報など台湾各紙が伝えた。台塑化は、同州に3カ所の生産施設を設けているが、州政府と議会が事業用地に課す州税の5年間の免税措置を設ける方針を決めたことを評価し、追加投資を決めた。

同州中央部のドナルドソンビルに970ヘクタールの用地を取得する。総工程は10年を見込み、2期に分けて建設。第1期工事は2019年に開始する計画。新施設では、エチレンやプロピレン、エチレングリコールのほか、プラスチック製品向けポリマーの製造を手掛ける予定。価格の安い米国産シェールガスを調達し、コスト低減を図る。

ルイジアナ州政府は、事業用地州税の免税期間である最初の5年間に続き、3年間の州税を80%減免する。同州は、台塑化の投資により、1,200の就業機会が創出されるほか、建設期間中に8,000の期間雇用が生まれると強調した。


関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン