• 印刷する

テイクオフ:ダイエット、というとや…

ダイエット、というとやはり真っ先に頭に浮かぶのは食事制限だろうか。珍しく飲み会が重なり、午前様が続いたと思ったらてきめんに腹に来た。家に体重計がないので正確な増減は分からないが、体感で1キロくらい太った気がする。昔は少し意識すればすぐ元の体重に戻ったが、今はなかなか落とせない。年を感じて悲しくなる瞬間だ。

フィリピンでダイエットというと、サプリが一番人気らしい。楽して痩せようというその強い意志には親近感を覚える。効果は怪しいが、フィリピン人の薬への信仰はなかなか深い。次点で人気なのは「かんきつ類ジュース飲むだけダイエット」。カラマンシーが効果大という。

朝バナナ、朝キウイ、夜トマト、ホットヨーグルト、ところてん――食べないという選択肢がない緩いダイエット法を念頭に置きつつスーパーへ。当面の朝の献立は、バナナと水に決定した。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/14)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12/14)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン