• 印刷する

テイクオフ:インド西部マハラシュト…

インド西部マハラシュトラ州の北西部に位置する村には、特殊な学校があるそうだ。ここに通う学生の年齢は最低60歳、最高90歳。1人の男性が、2016年に高齢者向けにこの学校を設立したという。

この村には昔から、小学5年生までの学校しかないため、村人のほとんどが文字の読み書きができないそう。こうした状況を改善しようと、同学校が創られた。当初は女性限定だったが、今では男性の高齢者も受け入れており、主に読み書きを教えているそう。「勉強は何歳からでも遅くない」と、体現してくれている気がする。

インドの識字率は16年時点で約75%とされ、女性に限ればもっと低い。むろん、上昇傾向にはあるが、世界平均には届いていない。都市部に暮らしているとあまり感じることはない。しかし、こうした基礎教育の普及が先決ではないだろうか。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

モディケア始動、対象者は5億人以上(09/24)

ウシャマーティン、鉄鋼事業をタタに売却(09/24)

アルミ業界、輸入制限の発動を要請(09/24)

二輪車TVS、メキシコで販売店40店開業へ(09/24)

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(09/24)

伊べネリ、工場増設に向け専門部署を設置(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン