ベテラン閣僚3人が退任、世代交代が本格化

シンガポール首相府は24日、5月1日付で大規模な内閣改造を行うと発表した。リム・フンキャン通産相(貿易担当)、リム・スイセイ人材開発相、ヤーコブ・イブラヒム情報通信相のベテラン閣僚3人は退任し、世代交代を進める。

退任する3人はいずれも年齢が60歳を超えている。リー・シェンロン首相は先ごろ、若い世代の閣僚に大きな責務を負わせるため、大規模な内閣改造を実施すると明らかにしていた。

3人の退任を受け、S・イスワラン通産相(産業担当)が情報通信相を兼任する。ただ通産相としては産業担当から貿易担当に変わる。チャン・チュンシン首相府相は、通産相に横滑りするほか、テオ・チーヒエン副首相兼国家安全保障調整相から首相府公務員局(PSD)の統括役を引き継ぐ。

首相府相にはウン・チーメン教育相(教育機関担当)兼第2運輸相とインドラニー・ラジャ上級国務相(財務・法務担当)が就任。ラジャ氏は第2財相、第2教育相を兼務するほか、暫定人事として6月末までは第2法相も務める。

ヘン・スイキャット財務相は、首相府管轄の国家研究財団(NRF)も統括する。NRFはこれまでテオ副首相が担当していた。

オン・イークン教育相(高等教育・技能担当)兼第2国防相は、教育相に専念し、教育省全体を管轄する。

ジョセフィン・テオ首相府相兼第2内相兼第2人材開発相は、人材開発相に就任。第2内相は引き続き兼務するが、首相府相のポストは手放す。

コー・ポークーン上級国務相(通産・国家開発担当)は、国家開発担当を外れ、通産担当に専念する。

このほかヘン・チーホウ上級国務相(首相府担当)は、担当が国防に変更。シム・アン上級国務相(通産兼文化・地域・青年担当)は、通産担当から外れ、新たに情報通信も担当する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月期GDPは4.4%増 外需回復で18年成長率を上方修正(05/25)

UDトラックスが新型クオン発売、海外2カ国目(05/25)

1~3月輸出額は1%増、前期から大幅鈍化(05/25)

1~3月期、上場企業の7割強は黒字(05/25)

大塚製薬、医薬品販売の現法設立(05/25)

ドンキ2号店、中心部で6月にオープン(05/25)

ワイズテーブル、地場企業と渋谷に飲食店(05/25)

デジタルマーケティングの米社、拠点を開設(05/25)

JTB、セントーサ島に特化した新商品発売(05/25)

サークルズ、無料の通信プラン導入(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン