バガンの土塁、建設継続=景観損なう懸念も

ミャンマー中部の遺跡都市バガンで、パゴダ(仏塔)に登る代わりに高台からの眺望を楽しめる土塁の建設が続けられている。この土塁は景観を損なう懸念から、一時は計画が取り下げられていた。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 世界遺産登録への悪影響を懸念する声が…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ解決へ積極関与=ASEAN外相が一致(01/19)

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン