EU、越企業に「原産地自己証明制度」適用

ベトナム企業は2019年1月から、欧州連合(EU)市場に製品を輸出する場合、原産地自己証明書を添付しなければ、一般特恵関税(GSP)の適用を受けられなくなる。21日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 商工省輸出入局のチャン・タイン・ハイ次長によると、EU市場への主…

関連国・地域: ベトナム欧州
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

個性派カフェが都市部で続々 バブルティー人気、若年層で加速(07/24)

通信2社、コンポンチュナンで基地局整備(07/24)

ASEAN自由化の深化を提唱、日本商議所(07/24)

プジョー、SUVとCUV人気で急伸(07/24)

ヤンゴンの4~6月FDI、3.7億ドルに(07/24)

コテコン、1~6月は19%増収(07/24)

ハイズオン省、廃棄物発電プラント開発へ(07/24)

子ども用品コンクン、タグ付け替え疑惑(07/24)

FPTリテール、1~6月は30%増益(07/24)

ベトテル、ミャンマー開業1カ月で200万件(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン