テイクオフ:ソウルの商圏は1カ所に…

ソウルの商圏は1カ所に同じ業種の店舗が集中していることが多い。例えば、南大門市場と忠武路のカメラ街やアヒョン洞のウエディング街、鍾路の貴金属街などが有名だ。

あまり知られていないが、鍾路3街から忠武路にかけた一帯には印刷街がある。当方は隣接するカメラ街によく行くので、この印刷街を通ることが多いのだが、その雰囲気はソウルの都心の一角とは思えない不思議な風情がある。

細く入り組んだ路地に建つ古びた建物。その中でガシャガシャと音を立てて動く、大きな印刷機。そして、大粒の汗を流しながら印刷物を整理する従業員たち。かつての経済成長を裏で支えた職人の姿が、非常に印象的だ。

ソウル市は今、この地域の再生を目指している。古い建物は壊されるのだろうか。その前にぜひ、今の印刷街の様子を写真に収めたいと思う。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

KCC、外壁タイプの太陽光発電で韓国最大(07/20)

「KANEBO」韓国で発売(07/20)

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

外国企業への支援制度を変更 新産業育成と雇用拡大が狙い(07/20)

「GU」、9月14日蚕室に韓国1号店(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

6月訪日韓国人客6.5%増、大阪地震が影響(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

SK証券、新興ファンドに売却へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン