• 印刷する

ソウル路線の利用促進へ、仙台空港が覚書

仙台空港を運営する仙台国際空港は23日、韓国の仁川国際空港公社と仙台―ソウル・仁川路線の利用促進に向けた覚書に調印したと発表した。仙台空港が民営化後に他の空港と覚書を交わすのは初めてという。

仙台と仁川を結ぶ路線は韓国のアシアナ航空が週7往復運航している。両者は、仙台空港を出発して仁川空港で乗り継ぎし、欧米や東南アジアに渡航できるツアー商品を共同で開発したり、乗り継ぎ利用客に東北の情報を発信したりしていく。

航空貨物の増加に向けた取り組みも行う。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最も好きな韓国料理「ア…(11/20)

危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少(11/20)

日韓商工会議所の会議が延期、徴用工判決で(11/20)

LGグループ、新会長の下で経営革新か(11/20)

半導体や石化、19年は後退局面の予想(11/20)

仁川港湾公社、海外拠点を上海と越に移転(11/20)

現代自が米大学と協業、モビリティー分野で(11/20)

中アルミ企業が韓国進出か、米中貿易戦争で(11/20)

韓国の済州航空、越路線の開拓計画を発表(11/20)

SK、在韓米軍への油類供給で談合(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン