• 印刷する

ソウル路線の利用促進へ、仙台空港が覚書

仙台空港を運営する仙台国際空港は23日、韓国の仁川国際空港公社と仙台―ソウル・仁川路線の利用促進に向けた覚書に調印したと発表した。仙台空港が民営化後に他の空港と覚書を交わすのは初めてという。

仙台と仁川を結ぶ路線は韓国のアシアナ航空が週7往復運航している。両者は、仙台空港を出発して仁川空港で乗り継ぎし、欧米や東南アジアに渡航できるツアー商品を共同で開発したり、乗り継ぎ利用客に東北の情報を発信したりしていく。

航空貨物の増加に向けた取り組みも行う。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

テイクオフ:平日昼間にソウルの地下…(03/26)

小田急がソウルに直営ホテル 20年5月開業、観光需要取り込む(03/26)

現代自、FCVの増産計画を1年前倒し(03/26)

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(03/26)

LPG車が乗用車登録が可能に、PM2.5対策(03/26)

ベトナム航空、韓国路線に最新機導入へ(03/26)

ルノーサムスン、クロスオーバー車投入へ(03/26)

ネイバー動画サービス強化、MCNと提携か(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン