住宅賃貸代行に商機、新管理規定が6月末施行

住宅賃貸市場の発展を目的とした管理規定「租賃住宅市場及管理条例」が6月27日から施行されるのに伴い、住宅賃貸の代行事業に新たな商機が見込まれている。業界関係者は「年間100億台湾元(約370億円)以上の商機が生まれる」との見方を示した。24日付中国時報などが伝えた。 同…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の統一地方選を通し…(11/21)

10月の輸出受注額、単月最高 スマホがけん引、米国からも好調(11/21)

TSMC向け、LNG発電の稼働前倒しを検討(11/21)

台湾MSがアクセラレーター、3年で40社支援(11/21)

宏碁のエッジコンピューティング、仏企業が採用(11/21)

仁宝の春節前ボーナス、19年は3カ月分以上(11/21)

日産ゴーン会長逮捕、台湾各紙も報道(11/21)

三菱電機の昇降機システム、南山広場に納入(11/21)

AD課税再延長か、日台産MEK(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン